スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


病歴

僕は、まだ10代の頃、神経衰弱と言う病名で過去に精神科に
通った事があります。
この頃は、学生生活に疲れ、自信を無くして、とあるただ一つの
失敗が元で、酷い被害妄想に陥り、発病した事を今でも覚えて
います。
この頃に、始めて精神科で出される薬を飲んだのですが、この
頃の薬は副作用が強く、副作用で筋肉が硬直して行った事を
今でも良く覚えています。
あの時の恐ろしさときたら格別でした。「自分がこれからどうなっ
ていくのか?」、「このまま治らないのでは?」考えただけで恐ろ
しくなって行きました。
あの日は、夜中に病院に運ばれ、注射1本打ったら副作用が
嘘のように消えていった思いがあります。
あの時、担当していた先生が、「君の場合は、まだ薬の量が少な
いよ。この量でこのようになるんじゃ~、この先、どのように治療し
て行ったら良いのか悩んじゃうよ。」と言われた事があります。
これから数年経った後、薬の頭がボーっとする効果や、体の動作
がスローになる副作用が仕事の邪魔をする為、薬を飲むのを辞め、
病院に行くのも勝手に辞めてしまいました。
今となっては、これが大きな間違いだったのかも知れません。

それから十数年後、今度はうつ病にかかり約1年間、心療内科で
治療をしてまいりました。
うつ病が完治し、数ヶ月後、今の統合失調症にかかってしまい、ま
た神経衰弱と言う病名で厄介になった精神科に今は通い現在に
至っています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




コメントの投稿

Private :

«前の記事 | ホーム | 次の記事»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。