スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


統合失調症の陰性症状

 現在、自分は統合失調症関連の本を読むのが好きで、何冊も読んでいます。
統合失調症について書かれた本とか、体験記を本並びに携帯で読んでいます。
今回は、その中からなかなか治らない陰性症状について、印象に残ったモノを
書こうと思っています。

・ある一つの考えにこだわり、別の考え方が出来ない。
    これは自分でもあるのだが、別の考え方が出来ないと言うよりも苦手
   と言った方が良い。これがなかなか出来ず、自分の首を自分で絞めて
   る結果になっています。自分でも分かってはいるのだが・・・。

・買い物にハマり、借金をしても買い物が辞められない。
    これは自分には無い事ですが、買い物をした結果借金を作る人もいる
   みたいです。自分も大量の買い物をする事はあるが、忘れた時にで借金
   を作るところまではいかない。

・コーヒーや炭酸飲料水が辞められず、大量に飲む。
    これは自分もそうで、統合失調症の症状の苦しさから飲み物に走って
   しまい、抜け出せなくなる。自分も人と話がしたくても思うように出来ず、
   飲み物に走ってしまいました。

・思うように人と話が出来ない。話をしたくても出来ない。
    これは自分が一番のストレスになっている事で、友達を作りたく話をし
   たいのに、話の一斉をかける勇気が持てず、また話をしても相手に自分
   の思っていた事と違う事を言われ、話が食い違い困ってしまいます。ま
   た、話す内容が出て来ないと言う事もあります。

・いざと言う時にパニックになる。
    これは自分の親父が死ぬ前に、具合が悪いと言われ何をやっていい
   のか分からず、パニックになり近くをウォーサォーしてしまった経緯があ
   ります。自分が統合失調症になる前は、冷静に対応出来ていたのでは
   と今は思われる事件でした。
    これは判断力の鈍りから来る症状だと思います。

以上が主な症状ですが、これ以外にまだ症状はあると思います。自分の思
いつく症状はここまでです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

自分の弱いモノ

 今、自分の弱いモノは、風と雷と地震です。
 風は、風切り音が駄目で、1人で部屋に居ると不安になります。家が古い事も影響して
います。
 雷は、近くで雷が鳴った時の音が駄目で、すごく近いと心臓があおるのがすごく嫌いで
す。
 地震は、振動と家が揺れた時の音が駄目で、これも心臓があおるのが駄目です。

 これらは、病気の発症前は何ともなかったのですが、発症して暫く経った後駄目になり
ました。
 この前、病院の主治医に「風や雷や地震がすごく苦手になったけど、この症状は自分だ
け」か聴いたところ、「病気を発症し音と振動と光が敏感になる人は居る」との事です。
 先生は、最後に「あまり気にしないように」言われました。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村


初めてのスマホ

 先月、携帯電話を機種変更した。
 今だにガラケーを使っていた自分は、ボツボツ時代に乗らなければと思い初めてスマホに
した。

 スマホにしてみて、一番ビックリした事はあまりにもバッテリーが持たないと言う事だった。
あまり携帯を使わないし、どこにも電話がかからない掛けない。どこにもあまりメールをしな
いしメールが来ないネットやゲームもしない、そんな自分の携帯でもバッテリーがガラケー
の時は1週間持っていたものが、スマホにしたら2日しか持たないと言う事だった。
 スマホにしたら本が読める事に嬉しくなり(ガラケーでも読めたが、小さい画面で読むのは
自分では耐えられなかった)、これで病院の待合時間にもボーとしなくてすむと思った。
 今は、ガラケーよりスマホの方が携帯の使用率が上がった感じがします。
 でも、自分の携帯はガラケーよりも着信音が小さいのが、自分でも気にしています。
 でも、今はスマホにして良かった。機種変更する時は、まだガラケーのままにしようかなぁ
携帯あまり使わないしと思ったくらいです。

追伸
 親父の関係の銀行の通帳の凍結解除や相続は、全て今月始めで終了しました。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村


49日が終わった。

 親父の49日が無事に終わり、どうにかここまで病気の症状は何事も無く済んでいる。
 これも再発予防が効いたのかもしれない。

 家の方も、後は親父の銀行口座の凍結解除と相続税の申請が残っている。
 この1ヶ月間は、親父の関係で実に忙しい1ヶ月だった。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村


親父の急逝

 2014年6月19日 13時42分、親父が天国に旅立ってしまった。

 事の発端は、6月17日の午後親父が具合が悪いと言ったのが事の始まり、最初は母が
気が付いて症状は、そんなに暑くも無いのに体の全身が汗っぽく吐き気が有り何回もトイレ
に行って吐いていた。母は、妹が介護の仕事をしているのでたまたま妹が休みの日だった
為、妹を呼び妹が家に来て症状を見た時、妹は普通の症状では無いと判断し救急車を呼
んで病院に・・・。
 脳梗塞との事で親父は持病がたくさんあり使える薬も少ないと言う事で危険な状態に・・・。
 そして、18日の夜中から血圧が下がり血圧を上げる薬を何回も投与したが間に合わず
19日に死んだ。

 親父が死んだ時、自分は病院に居たがこれからどうしようと言う念と、また感情障害があ
る為にグッとこみ上げてくる事は有っても泣けなかった。涙が2~3粒流れそうになっても泣
けなかった。妹が「こらえてなんで泣いてもいいんだよ。」と言われても泣けなかった。自分
は無く事をこらえた訳では無かった。

 親父が死んだ日の夜、自分は寝ようと思っても寝られなかった。眠剤として前に貰った
レスリンを飲んで寝たのだが一睡も出来ず朝を迎え、自分はこれはヤバイまた再発する可
能性が有ると言う事から、朝、病院に電話して緊急受診をして貰えるのか?聞いてみた。
電話は自分の主治医に繋いで貰って主治医は、大変な事になったと緊急で受診を受けて
くれる事を承知してくれた。
 病院に着いて一通り主治医と話して、眠剤としてヒルナミンを出してくれた。前に貰って
おいたレスリンは、元々は抗うつ薬だと言う事だった。そして、再発防止と言う事でリスパ
ダールを0.5ミリ増えた。

 今は親父の葬式も終わり、少しずつ片づけをしているところです。
 尚、葬儀の喪主は自分が統合失調症で再発しては困ると言う事で、妹が代理でやって
くれた。
 葬儀が終わって、妹の精神状態が少しおかしいと聞いてやっぱり自分がやらなくて良
かったと思いました。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村


ホーム | 次のページ»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。